マネジメント

代表取締役
毛見 純子

幼いころから呉服屋を切り盛りしていた祖母を見て、「自分もいつか『働く』ことで輝く女性を増やす事業をしたい」と思っていました。20代のころはそれがどんな事業なのかわからず法人営業や経営コンサルタントをしながら毎日市場分析をしていたように思います。しかし市場の分析からだけでは決してこれから立ち上げる事業ドメインは決まりませんでした。そこには「なぜやるのか」のミッションが必要だったのです。そして月日は流れ2011年、あることがきっかけで点と点がつながり一夜でkay me の構想はうまれました。

「挑戦する女性を応援する」。このミッションとともに創業から6年が経過。たくさんのお客さま、仲間、そして国内工場さんに支えられ、現在、日本(銀座4丁目)と英国(ロンドン)に2つの法人を持ち、7つの店舗と国内とグローバル両方のオンラインショップを運営しています。kay me は業界や業種、国籍も含めて出身が多様なメンバーで構成されているのも特徴です。

事業はひとりではできません。ひとりでできることには限りがあります。「挑戦する女性を応援する」「made in Japan を世界へ」。このミッションに基づいた事業の成長には更なる仲間が必要です。ぜひ、我こそはという方と直接お話しができますように。熱いエントリーお待ちしています。

Profile

大阪市出身 早稲田大学第一文学部史学科卒業
ベネッセコーポレーションにて営業およびマーケティング職、PwCにて組織人事コンサルタントを経たあと、ボストンコンサルティンググループで経営戦略コンサルタントに従事。2008年マーケティングコンサルティング会社を立上げ代表に就任。おもに金融、IT情報通信、エネルギー産業にコンサルティングサービスを提供。その後、2011年にkay me事業を開始。現在、プロデューサーとともにリードデザイナーも務める。2017年JNB「グローバル大賞優秀賞」、2016年 日本政策投資銀行「DBJ女性起業大賞」、2015年英国商業商工会議所「2015アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」、2014年MITベンチャーフォーラム グローバルストラテジー部門優秀賞賞を受賞

取締役
Nick Faulkner

英国で生まれ育った私が叔父が営む靴下ニット工場へ初めて足を踏み入れたのは4歳のころでした。その後、子供時代、長い夏休みになるとよくその靴下工場で多くの職人の技術を見て過ごしました。1908年設立の工場の美しい靴下を作り上げる職人技は、その町のDNAの一部と言えるほどでした。日々の暮らしで当たり前に思ってきたシンプルなものが、実は人の手による優れた仕事なしには存在しえないということを、私は学んだのだと思います。

今、伝統的な技術を必要とする事業が苦戦しているのは、英国でも日本でも同じです。職人技が生み出すものに対する需要はあるのですが、時代の流れとともに産業が進化を遂げなければならないのは不変の事実です。

kay meは、「時代の先を行く」ことを掲げています。kay meは職人が作るものを世に伝えていく者として、そして私たちのビジョンを21世紀に伝えるためにも、最先端の技術を効果的に活用し、お客様が必要とするタイミングと方法でkay meの商品やサービスを届け楽しんでいただければと思っています。

ファッションという枠を超えて成長するkay meにおいて、エキサイティングなチャンスは数多くあります。そうしたチャレンジを望む方に会えることを楽しみにしています。

Profile

イギリス出身。ウォーリック大学物理学士課程修了
2002年から2004年は、ロンドンErnst & Youngにてコンサルタントとして従事。2004年に創業したグローバル人材育成コンサルティング会社EST Holdings株式会社では2020年東京オリンピック招聘スピーチアドバイザーとしても活躍。2014年 kay me に参画。kay me internationalを立上げ取締役に就任。海外事業運営の責任者のほかこれまでの経験を生かし事業戦略やプロモーション戦略、社内の組織設計や人材育成にも携わる

財務顧問
中森 真紀子

kay meと初めて出会ったのはブランドが立ち上がって間もない頃だと思います。広告を見てなんとなく惹かれるものを感じていた私は、仕事終わりにふらりと銀座の店舗に立ち寄りました。当時のお店はマンションの一室でしたが、そこでフューシャピンクのワンピースが目にとまりました。着たことのない、どちらかと言うと敬遠していた色でしたが、試着してみると着やすさが違いました。「仕事の時、これを着たら頑張れる」、そんな気持ちになったのでしょう、その服を購入して帰りました。

それから何年も経ましたが、この時に抱いたkay meの印象は変わっていません。既成概念を持たず、働く女性の世界を広げていこうというミッション、困難にぶつかってもそれを乗り越えようとするタフさ、揺らがない目標を追うひたむきさ。kay meにはそれを身にまとう人の背中を押してくれる力があるように感じます。もっと自由に、もっと自分らしくと。

kay meのビジョンに共感できる方、既存の枠組みの中で物足りなさを感じている方、自ら問題点を発見し対応できる方、リーダーにもフォロアーにもなれる方、いつもユーモアを忘れない方、そんな方はぜひ一緒に挑戦しましょう。お待ちしております。

Profile

京都大学経済学部経営学科卒業。
NTTを経て監査法人(アーサーアンダーセン)に入社し、主に外資系企業の監査に従事。中森公認会計士事務所を立ち上げ代表就任後は監査並びに財務会計業務に関与。上場企業からベンチャー企業まで、社外役員としての長年の経験に基づき、経営およびガバナンスに関する助言・サポートを行う kay meの他に株式会社アイスタイル 社外監査役、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 社外監査役、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 社外取締役、株式会社LIFULL 社外監査役、株式会社チームスピリット社外監査役

Loading...