プリントアートの旅

花鳥風月をベースとしたkay me の「プリントアート」。1つの案が最終的に採択されるまで多くの工程を経ます。カラー、サイズ、バランス、レイアウト・・・。みなさんには、「最後」の姿しかお届けできませんが、このギャラリーではそんなプリントたちがたった1つに絞られるまでの「長い旅」をご紹介しています。お目見えされなかったアートは、いったいどんな??

Vintage Flowers

イギリスの美術館で目にしたヴィンテージ図案にインスパイアされたプリント。オリジナリティを追求すべく、手描きでアレンジしました。

Tsubaki

今回は花札にインスパイアされた和テイストのプリント。日本の伝統色を使い、筆で描いたようなべた塗りに仕上げました。気軽にお召しいただける着物ワンピースがレッドとブルーの2色に決定するまで、さまざまなカラーを検討いたしました。

Shepherd Check

爽やかな差し色がきらりと光る「シェパードチェック」プリント。

Pine

水彩で描かれた幾何学模様のプリントの名は「パイン」。日本のおめでたい「門松」からのインスピレーション。

Pinwheel

理知的な印象のジオメトリックプリント、「ピンホイール」。 ピンホイールとは「風車」という意味。また少し「手裏剣」のインスピレーションも取り入れています。染めは京都の伝統技術によるもの。なので使用するカラーも少し「和」の色を意識しました。レッドとブルーの2色に決定するまでこちらも様々なカラーのピンホイールを検討いたしました。

Harvest

「収穫の喜び、恵み」をコンセプトとした秋のリリースにふさわしい「ハーベスト」シリーズ オリジナルのプリントデザインから「ゴールド」「ネイビー」「ライラック」とバリエーションが増えていく過程をご覧いただきましょう。

Flower Bouquet

春夏を彩る「ポップ」な絵をということでロンドンで描いてもらったこちらの「ブーケ」シリーズ

Angel

「無垢」「イノセント」を表し、聖なる気持ちになれるエンジェルプリント

Fuji Murasaki

日本のみならず世界中から支持されているkay me のドレスは「着物」からインスパイアされたライン

Lotus

まさに「アートをまとう」を具現化したデザイン「ロータス」。華やかにもワイルドにもおすすめです

Elegant Bouquet

ロンドン生まれのデザインで、一段と華やかなシーンに着ていただきたいと考案されたアイコン的なドレス

Elena

kay me はもともと呉服から来る「花鳥風月」がプリント図案の世界観のベースにあります。創業以来、数々のフラワープリントも生み出してきました

Rice Shower

友人や親族の結婚式で、木漏れ日の間をきらきらと舞うライスシャワーのように、幸運や豊潤をデザインにしました

Emerald Flower

南国の花がやさしく華やかな、エメラルドグリーンのフラワープリントは、ロンドンで創られたプリント

Lemon

太陽の恵みをいっぱいに受けたようなレモン柄は「フレッシュ」なイメージそのもの

Dots

ドット柄は、いつの時代も世界の東西を問わず見る人に「ロイヤル」「誠実」「イノセント」な印象を与える不思議な柄。英国王室のキャサリン妃や故・ダイアナ妃も水玉好きで知られています