アニマルウェルフェア

<第1話>「ぷにぷにパンプス」の旅

これまでたくさんのご要望をいただいていた「kay me らしいラクで美しい『靴』」。ジャージ―ドレスとジャケットから始まったkay me の次なる「課題解決」の舞台は「靴」。人に会ったり、人前で話したりプレゼンをしたりすることの多いkay me のお客様層の悩みは「長時間はいてても『ラク』なのに『ミニマルで美しい』ワンピースやスーツに合う靴がない!」というもの。「ラクなら形状がコロンとしてる」「形状が美しいとラクじゃない」「どちらもを叶える靴をkay me なら開発できるはず」そんなお声をいただいてきたところが旅のはじまりです

長年にわたる「お客様の靴の悩み」を解決したい!デザイナー毛見が思い立ったのは、ちょうど「仕事服をラクできれいで時短にしたい」と始めたときの状況と同じ、そうお客様の悩みも深ければ、ちょうど自分が抱える悩みも同じように長く深いものだったからなのでした。「靴はブラジャーと同じくサイズを構成する変数が多い。kay me のような小さなブランドがやるべきではない!」社内からも反対の声がたくさん上がっていました。でも「ラクと美とエシカル」を追及するkay me だからこそ「痛くないのに美しく見える仕事用の靴」を生み出してみたい。その思いが募ったのでした

解決したい課題:

(1)長時間履いていると、足の裏やつま先が痛くなり疲れてしまう。特に、体重がかかる足先や擦れる部分の保護
(2)初めて履くとき、必ず靴擦れをしてしまう。その防止
(3)重心が外腿に流れていってしまい骨盤が開いてしまったりO脚を促進してしまうのを重心を内股にキープする効果
(4)ラクと「洗練されたデザイン」を両立させること
(5)ファッションのために動物を犠牲にしない、という思いをシューズでも表す

私たちが提供するソリューション:

(1)長時間履いていても足の裏や足の先が疲れないクッション性
(2)靴擦れしやすいかかともクッション性で保護
(3)重心を内股に保つための微傾斜
(4)ビジネスシーンはもちろん、kay me のワンピースにもマッチする洗練されたデザイン
(5)「ストレッチ性のあるノンアニマル」素材を採用したパンプス。バッグとも同素材でオーダーできる!

制作プロセス:

  1. まずは、デザインチームをはじめ、社内メンバーがそれぞれの「履きやすいパンプス」「素敵なデザインと感じるパンプス」を持ち寄ることに。そしてそれぞれが、履きやすいポイントや美しいと感じるポイントを語り合います

同じ足のサイズでも、足の横幅、甲高、足指の形のよって、フィットする形はさまざま。しかし、どのメンバーからも「素敵だと思って買ったパンプスでも、足が痛くなると履かなくなる」「どんなパンプスでもはじめは靴擦れをしてしまうので、必ず靴擦れ防止テープを張って慣らしていく」など、それぞれのパンプスに対する具体的な悩み、そしてその悩みを解決するためのアイデアをヒアリングしました。やっぱりみんな、悩んでる!

2. 続いて、素材選びの検討。耐久性もあって、軽量で、カラーバリエーションも豊富。もちろん動物を犠牲にしない素材で作りたい。また「バッグとお揃いでコーデできる靴がなかなかない!」という意見もヒントになりました

「行動あるのみ!」と何社もの素材商社さんを訪問し、企画をプレゼンし素材を紹介してもらいました。訪問から1か月ほど。スエード調で耐久性実績もある日本製のビーガン素材(人工皮革)に出会うことができました。軽く、耐久性がある最新の上質素材。伸縮性があるため靴と鞄両方に適した素材であることが確認でき大喜び!日本製の素材にしてはめずらしいビビッドな赤やピンクから、実用的でおしゃれなニュアンスカラーまでバリエーションも豊富。またスエードなら直線的なスクエア型のパンプスでも、皮革と比べて優しい印象になるというプラス面も!素材感でも女性らしさを表現できる、まさにパンプスに最適な「ノンアニマル素材」を選定することができたのでした

さて、いよいよこれらのアイデアをいっしょに創り上げていただく工場探しです。
もちろん靴を創ったことがないkay me。まずは訪問した素材商社さんへ再度お願いし、企画に合う考え方や技術を持つ工場さんを紹介していただけないかお願いしました。少量生産に快諾いただける腕のいい工場さんを探すというのは難題!グーグル検索でもなかなか出てこない工場さんの内情と弊社のニーズとのマッチングの目利き。ついにいくつかの工場さんをご紹介いただきました。いつも新しいことを始めるときは飛込みやご紹介のお願いにより人脈を開拓してきたkay me ですが、今回は「ジャージ―ドレスの実績がある程度あるから信頼する」とのコメントも伺い背筋が伸びる思いでした。なにごとも経験。そして感謝!次回は工場さんの訪問の様子をお伝えします!

<第1話>「エコダウン」の旅

<第1話>「エコダウン」の旅

kay meでは、常に「お客様の課題」を解決するための方法を考えています。と同時に「ものづくり」に携わる人と技術、そして自然環境と動物の幸せが続くことも考えています

<第1話>「エコファーコート」の旅

<第1話>「エコファーコート」の旅

毛皮のコートは、寒い季節でも華やかでいたいと願う女性たちの必需品。リッチなデザインの毛皮コートは、常に人々の注目の的です。でも、その美しいものは、そのもの自身よりも美しく尊い「動物の命」から作られたもの

<第2話>「エコダウン」の旅 

<第2話>「エコダウン」の旅 

スタイルアップできるデザインと保温性を徹底的に探究! kay meでは、常に「お客様の課題」を解決するための方法を考えています。と同時に「ものづくり」に携わる人と技術、そして自然環境と動物の幸せが続くことも考えていますkay me が長年心を痛めてきたのは、冬になると売り場にずらっと並ぶ大量の「ダウンコート」

<第2話>「エコファーコート」の旅

<第2話>「エコファーコート」の旅

大人女性を「エレガントに魅せる」を追求!  毛皮のコートは、寒い季節でも華やかでいたいと願う女性たちの必需品。リッチなデザインの毛皮コートは、常に人々の注目の的です。でも、その美しいものは、そのもの自身よりも美しく尊い「動物の命」から作られたもの

<第1話>「エアリートート」の旅

<第1話>「エアリートート」の旅

kay me では、2018年に「機能性とデザイン性を融合」させたバッグラインを開始。リュック&バッグ、PCバッグ、そして29ポケットウォレットバッグなど、「課題を解決し、おしゃれに持てる」バッグラインを生み出してきました。素材は動物を犠牲にしない「ノンアニマル」にこだわり、先端技術を用いた軽量で上質な素材を選んでいます

Comments are closed.