アニマルウェルフェア

<第1話>「エアリートート」の旅

kay me では、2018年に「機能性とデザイン性を融合」させたバッグラインを開始。リュック&バッグPCバッグ、そして29ポケットウォレットバッグなど、「課題を解決し、おしゃれに持てる」バッグラインを生み出してきました。素材は動物を犠牲にしない「ノンアニマル」にこだわり、先端技術を用いた軽量で上質な素材を選んでいます

そして次なる開発はアンケートでもご要望の多かった「オンでもオフでも使えるたっぷり入る肩掛けトートバッグ」。先端技術で作られた軽量なノンアニマル素材を用いミニマルなのに機能的に。そして新しくこれまた開発中の「靴」とセットアップでコーディネートが楽しめるよう「同素材」での開発はできないかと検討しています。さぁ、一緒に「エアリートート」の旅に出かけましょう

解決したい課題:

(1)日常生活に必要なものを気兼ねなく収納できるトートバッグにしたい
(2)PCバッグともなりえるよう鞄自体は「軽量」で「丈夫」。PCの保護性もほしい
(3)オン、オフともにどんな服にもあう使える女性らしいミニマルなデザイン
(4)携帯やパスカードをさっと出せる機動性はほしい
(5)海外や混雑した電車でも安心の防犯性

私たちが提供するソリューション:

(1)PC、お弁当箱、ペットボトル、ポーチ、お財布など必要なものを収納できる「マチ」とサイズ感
(2)全体の重量を抑制するための軽量丈夫素材。しかも動物を犠牲にしないノンアニマル
(3)カラーバリエーション豊富。同素材の「靴」も検討。コーデを楽しめるバッグ
(4)通勤や歩行中でもさっと携帯を出し入れできる外ポケット
(5)雨や防犯に役立つ上蓋(ふた)の設計

制作プロセス:

  1. まずは、社内でトートバッグへのニーズをヒアリング!PC、ペットボトル、折りたたみ傘、ジム用品・・・など、女性が日常生活で必要とするアイテムを収納できる大きさをリサーチ。kay meで人気のバッグはもちろん、自分たちが使用していて使いやすいと感じるバッグをベンチマーク、そして社内メンバーにも「実際にどんなものをいつも持ち歩いているか」「どれぐらいの大きさのバッグが理想か」をリサーチ

検証とリサーチの結果
・収納力はたっぷりのバッグでも、あまり大きく見えない工夫をデザインで
・オンでもオフでも使えるオールマイティなデザイン 少しカジュアルテイスト

という要望が多く聞かれます。実際にどれぐらいのモノを入れて持ち歩きたいかを実際のバッグにいれて検証を重ね、最適なサイズとデザインを兼ね備えた図案が完成しました

2. 続いて、素材の選定

生地商社さんを訪問し、企画をプレゼン。丈夫で耐久性の高いノンアニマル素材がないかをヒアリングしていきます。評価の高いビーガン素材(人工皮革)は、今やファッションやインテリアなどに使われはじめていますがブラックやブラウンなど、定番カラーが多い。女性の気分が「あがる」ビビッドな発色や使いやすいニュアンスカラーの素材はなかなか見つかりませんでした。メーカーさんにもご協力いただき、kay me バッグにふさわしい素材探しの旅は続きました

その後、実際に数百という素材に触れてみて検証を続けました。素材の耐久性や質感、色調をデザインチームで熟考した結果、人工皮革のスエード調素材を採用することに! 今回採用した「人工皮革」とはノンアニマル素材の中でも、耐久性が高くそして軽い高品質素材。今回のバッグで課題としてあげらえていた「軽い」「丈夫」という点を改善できる最適な素材を選定することができました

素材、デザインが決定!いよいよ工場さんに依頼し、サンプル作成をスタートします

新しい「エアリートート」の旅、いかがでしたか?
次回は、実際にサンプル完成に至るまでのデザインチームの旅をお伝えいたします。どうぞお楽しみに。

<第1話>「エコダウン」の旅

<第1話>「エコダウン」の旅

kay meでは、常に「お客様の課題」を解決するための方法を考えています。と同時に「ものづくり」に携わる人と技術、そして自然環境と動物の幸せが続くことも考えています

<第1話>「エコファーコート」の旅

<第1話>「エコファーコート」の旅

毛皮のコートは、寒い季節でも華やかでいたいと願う女性たちの必需品。リッチなデザインの毛皮コートは、常に人々の注目の的です。でも、その美しいものは、そのもの自身よりも美しく尊い「動物の命」から作られたもの

<第2話>「エコダウン」の旅 

<第2話>「エコダウン」の旅 

スタイルアップできるデザインと保温性を徹底的に探究! kay meでは、常に「お客様の課題」を解決するための方法を考えています。と同時に「ものづくり」に携わる人と技術、そして自然環境と動物の幸せが続くことも考えていますkay me が長年心を痛めてきたのは、冬になると売り場にずらっと並ぶ大量の「ダウンコート」

<第2話>「エコファーコート」の旅

<第2話>「エコファーコート」の旅

大人女性を「エレガントに魅せる」を追求!  毛皮のコートは、寒い季節でも華やかでいたいと願う女性たちの必需品。リッチなデザインの毛皮コートは、常に人々の注目の的です。でも、その美しいものは、そのもの自身よりも美しく尊い「動物の命」から作られたもの

<第1話>「ぷにぷにパンプス」の旅

<第1話>「ぷにぷにパンプス」の旅

これまでたくさんのご要望をいただいていた「kay me らしいラクで美しい『靴』」。ジャージ―ドレスとジャケットから始まったkay me の次なる「課題解決」の舞台は「靴」。人に会ったり、人前で話したりプレゼンをしたりすることの多いkay me のお客様層の悩みは「長時間はいてても『ラク』なのに『ミニマルで美しい』ワンピースやスーツに合う靴がない!」というもの。「ラクなら形状がコロンとしてる」「形状が美しいとラクじゃない」「どちらもを叶える靴をkay me なら開発できるはず」そんなお声をいただいてきたところが旅のはじまりです

Comments are closed.