kay me ポイント利用規約

第1条 総則

  • kay me株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社ウェブサイト「https://kayme.com/jp/」(以下「本サイト」といいます。)の「会員規約」に基づき会員登録をした会員(以下「会員」といいます。)に対し、本規約に基づいてポイント付与サービス(以下「本サービス」といいます。)を提供します。
  • 本サービスは本利用規約に基づいて当社が会員に対して提供するものであり、会員が本サービスを利用する場合は本規約の内容にすべて同意したものとみなします。本規約に規定のない事項については、本サイトの会員規約その他諸規定が適用されるものとします。

第2条 ポイントの付与

  • 会員が、下記記載のとおり、本サイトにおいて当社が指定する方法で商品を購入する場合その他当社が相当と認めた場合において、当社は会員に対して購入代金に応じた「kay me ポイント」(以下「ポイント」といいます。)を付与します。但し、送料、代引き手数料は対象外です。

    (1) 本サイトでの商品購入の場合: 100円につき3ポイントを付与します。

    (2) 本サイト内の「インターナショナルストア」での商品購入の場合 : 10US$のご購入につき30ポイント付します。

  • ポイントの付与、付与数、付与率、付与のタイミングその他付与の諸条件については当社が決定いたします。また、ポイントに関する条件のすべてを決定する権利は当社が保有するものとし、会員はこれに関する当社の決定に従うものとします。
  • 本サイトに会員がログインして商品購入により決済が完了した時点で、自動的に第1項規定のポイントが会員に発生し加算されます。ポイントの付与対象金額は、ポイント使用後のご請求金額から消費税、配送料、代引き手数料など各種手数料を除いた金額を対象とします。試着便サービスをご利用の場合においても、商品購入により決済が完了した時点でのポイント付与となります。
  • ポイントを利用して商品を購入した場合、購入金額からポイント利用分の金額を差し引いた残額に対して第1項規定のポイントが付与されます。
  • 当社は、ポイント付与の対象となる取引及びサービス、ポイントの付与率、その他ポイント付与の条件は、本サイトにおいて会員に適宜告知するものとします。

第3条 ポイントの管理

  • 当社は、当社所定の方法により、会員が獲得したポイント数、会員が利用したポイント数及びポイント数の残高についてそれぞれ会員に告知します。
  • ポイントの管理に関する条件の決定権については当社が保有するものとし、会員はこれに関する当社の決定に従うものとします。
  • 会員は、第1項のポイント数に疑義がある場合は、速やかに当社に連絡したうえでその内容を説明するものとします。但し、会員が保有するポイント数に関する最終的な決定権限は当社が保有するものとし、会員はこれに関する当社の決定に従うものとします。

第4条 ポイントの合算及び複数登録の禁止

  • 会員は、保有するポイントを他の会員に譲渡または質入れしたり、会員相互間でポイントの共有等をすることはできません。
  • ひとりの会員が本サイトにおいて複数の会員登録をしている場合、当該会員はそれぞれの会員登録において保有するポイントを合算することはできません。

第5条 ポイントの取消し

  • 当社がポイントを付与した後に、購入した商品の返品、キャンセルその他当社がポイントの付与を取り消すことを相当と判断した場合、当社は、会員へのポイント付与を取り消すことができます。
  • 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当該会員に対して事前の通知を経ることなく直ちに当該会員が保有するポイントの全部または一部を取り消すことができます。

    (1) 本サイトの利用につき違法または不正行為があった場合

    (2) 本規約、会員規約、その他当社が定める規約等につき違反があった場合

    (3) その他、当社が会員に付与されたポイントを取り消すことが相当と判断した場合

  • 当社は、本条により取り消したポイントについて会員に対して何らの補償を行わず、またこれにつき一切の責任を負わないものとします。
  • 第2項に基づき会員が不正にポイントを利用したことに起因して当社が直接的または間接的に何らかの損害を受けた場合、当該会員は、当社に対し、直ちにこれら損害の全てを賠償しなければなりません。

第6条 有効期限

  • ポイントの有効期限は特別な記載がない限りにおいて付与から365日間とします。
  • 有効期限がきれた会員が保有するポイントはその時点において自動的にすべて失効するものとします。会員は当該失効したポイントについて利用することはできません。
  • 当社は、前項により失効したポイントについて会員に対して何らの補償を行わず、またこれにつき一切の責任を負わないものとします。
  • 本サイト上にて注文の保留中などに有効期限が経過した場合、ポイントが失効する場合があります。この場合において、当社は一切の責任を負いませんので、ポイントについてはできる限り早めのご利用をお勧めいたします。

第7条 オンライン決済におけるポイントの利用

  • ポイントの利用は100ポイント以上保有する会員のみとします。
  • 会員は、保有するポイントを本サイトにおいて1ポイント=1円相当分(インターナショナルストアでは100ポイント=1US$)として、本サイトが販売する商品の商品代金または修理代金の合計(消費税等込み)の一部の支払いに利用することができます。但し、送料、代引き手数料については対象外とします。
  • 1回の注文で会員が利用できるポイントの上限はお支払額の99%までとします。
  • 会員は、本サイトでの商品購入等に限りポイントを使用することができます。
  • 当社は、1回の注文に使用できるポイントの下限、上限、1カ月間で使用できるポイントの上限など、利用に制限を設ける権利を全て保有するものとします。この制限については事前の予告なく変更または追加される場合がありますが、いずれの場合であっても会員は当社の決定にすべて従うものとします。
  • 会員が購入の決済を取り消した場合、当該決済に利用されたポイントは原則としてポイントで返還されるものとし、現金による返還はいたしません。複数の商品を購入し、そのうちの一部のみを返品・キャンセルした場合において、購入時に使用されたポイントは返還されません。
  • 会員が決済代金の支払いにポイントを利用した後、何らかの事情により決済代金が増額した場合、会員は当該増額分について他の決済方法にて支払うものとします。
  • 会員が代金決済の支払いにポイントを利用した場合と通常決済をした場合とで、当社が会員に提供するサービス内容(返品・交換、修理など)に相違はありません。

第8条 責任制限

  • 前条の決済対象となった商品につき、その配送中または提供後に遅延、紛失、盗難、損害、破損等の事故が発生した場合といえども、当該事故が当社の責任によるものである場合を除き、当社はこれにつき一切の責任を負わず、これにかかるポイントの払い戻しもいたしません。

第9条(ポイント利用後のポイントの取消し)

  • 会員が第7条に基づき決済にてポイントを使用した後に、第5条に基づきポイントが取り消された場合、会員は、ポイント取消しによる不足分につき直ちに現金または当社の指定する支払方法にて当社に支払うものとします。

第10条 換金不可

  • 会員はいかなる場合であっても保有するポイントを換金することはできません。

第11条 第三者による利用

  • ポイントの利用は会員本人のみが行うものとし、当該会員以外の第三者がこれを行うことはできません。
  • 当社は、ポイント利用時に入力されたユーザーID及びパスワードが登録されたものと一致することを当社が定める方法により確認した場合、当該ポイント利用については会員本人によりなされたものとみなします。万が一、これが第三者による不正利用であった場合であっても、当社は不正に利用されたポイントを返還せず、またこれにより会員に生じた損害につき一切責任を負いません。

第12条 税金及び費用

  • ポイントの取得またはポイントの利用に伴って税金その他諸費用が発生した場合、会員がこれらの負担をするものとします。

第13条 会員資格の喪失、停止

  • 会員が会員の地位を喪失した場合、会員はその保有するポイント、その他本サービスの利用に関する一切の権利を失うものとし、当該地位の喪失に伴い当社に対して何らの請求権も有しないものとします。

第14条 法令との関係

  • 万一、本規約で定める規定が、ポイントサービスに関する当社と会員との間で適用される消費者契約法その他の法令に反するとされた場合、当該規定はその限りにおいて適用されないものとします。但し、この場合においても本契約の他の規定には影響を及ぼさないものとします。

第15条 反社会的勢力の排除

  • 会員は、自己またはその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人または媒介者(以下「関係者」といいます。)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団またはこれらの者と密接な関わりを有する者もしくはこれらに準じる者(以下「反社会的勢力」といいます。)のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたってもこれに該当しないことを確約するものとします。
  • 会員は、自らまたはその関係者が、直接的または間接的に、以下の行為を行わないことを確約するものとしまli。

    (1) 暴力的な要求行為

    (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

    (3) 取引に関して、脅迫的な言動(自己またはその関係者が反社会的勢力である旨を示すことも含みますが、これに限られません。)

    (4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為

    (5) その他前各号に準じる行為

  • 会員が前二項に定める表明事項または確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、当社は、何らの事前の連絡をすることなく、会員に対して本サービスの提供を中止することができます。これにつき当社は会員が保有するポイントを返還せず、またこれにより会員に生じた損害につき一切責任を負いません。

第16条 免責事項

  • 当社は、本サービスの運営につき瑕疵(セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みます。)がないこと、並びに安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性及び特定の目的への適合性を明示的にも黙示的にも保証するものではありません。当社は、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負わず、停電、通信回線やコンピューター障害などによるシステムの中断、遅延、中止、データの消失、ポイントの利用に関する障害その他本サービスの利用について会員に生じた損害の一切について、当社の故意または重過失に起因する場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、ポイントサービスに関する当社と会員間の契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行責任または不法行為責任については、逸失利益その他特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、通常生じ得る損害の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。
  • 前項において、会員の被った損害が当社の重過失に起因する場合、当社は、逸失利益その他の特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、通常生ずべき損害の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。

第17条 準拠法、管轄

  • 本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。ポイントサービスに起因または関連して生じた当社と会員間の紛争については、東京地方裁判所(または東京簡易裁判所)を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
本規約は2022年5月6日から実施するものとする。

以 上

Loading...